採用で成果を出す企業の特徴

こんにちは! 新卒採用メディア編集長の澤田です。本日は採用で成果を出す企業の特徴というテーマで記事を作成しました。

あなたの会社は現状の、ナビサイトへの求人広告の掲載や合同企業説明会の利用で学生の集客や採用状況に満足されておりますでしょうか? 今般では多くの企業様が満足度が低くなってきており、採用活動に苦戦していると拝聴します。

やはり、大学内での講座を通して先生方にあなたの会社へ評価を頂くと、毎年ゼミ生のご紹介や定期的な接触が見込めます。

大学訪問の定義

就職課訪問

「大学訪問で成果を出そう」というと殆どの企業が「大学訪問では成果が出ない」というのです。その全ての企業が大学訪問を就職課に行って挨拶とともに求人票を渡し、「学生を紹介してください」というものだと認識しているからです。

就職課への訪問は現在ではもはやおまけレベルであると、私は捉えています。一応就職課に求人提供はしておくべき。というのは否定していません。

教員訪問

私たちがメインに訪問活動を展開するのは “先生”の方々です。ある大学ではわざわざ先生の方から「なんで企業は教員を訪問しないのだ」「先生と関係性作ってしまえばいいじゃん」との声もあがるほどです。

教員を訪問して直接関係性を築いた方が話が早いのです。学生はその教員のゼミに配属されているのですから学生とのふとした会話の中で、企業に接点を見つけて教員から学生に企業を紹介してくれるのです。

「関係性を築いていつでも思い出してもらえる状況を作っていたら採用は出来る」採用活動は営業活動と同じで、見込み客を構築して見込み客から受注に至るまでにアプローチや関係性の構築が必要であるのと変わりはないのです。

成果を出す企業の特徴

ストロングポイント

企業は採用人材要件定義を行う必要があり、それにより自社の強みを具体化する必要があります。“この強みはオンリーワン” と言えるまで細かくしていくのです。(採用人材要件定義についてはここでは割愛します。)

ストロングポイントを定めていないと、大学訪問をしても成果が出づらいのです。というのは大学訪問を通して学内での講座(授業)を獲得するので、授業の時間を獲得するにはそれなりの情報を学生に提供しなくてはいけません。

何の情報を提供出来るか。ということが重要になってくるので、ストロングポイントが定まっていないとフワっとしたアピールになってしまい、「この会社じゃなくても良いかな」という印象を教員に与えてしまうことになります。

大学内での講座

大学内での講座には素晴らしい力があります。まずは「授業だから参加しなくていけない」ということです。合同企業説明会では学生は“興味のある企業にしかいかない”のですが、授業であれば学生の興味レベルに左右されずに接触することができます。

これから採用活動を成功させていくためには、学生との接触できる機会を多く獲得していく必要があり、その機会をストック化することで次年度の採用にも活きてくるのです。

大学内での講座(授業)はストック化出来るのです。就活ナビサイトに掲載する求人広告や民間企業が運営する合同企業説明会はいかがですか? ストック化なんて夢のまた夢で典型的な断片的母集団形成ではないでしょうか?(母集団とは学生との接触数です)

まとめ

自社のストロングポイントを理解して、大学訪問(先生への訪問)を行い“オンリーワンの強み”を取り入れた講座の内容を提案する。教員は学生に有益な情報となるのであればゼミの時間を企業に託すことが出来るのです。

大学内に外部講師や非常勤講師の枠があるのはそのためです。必要な情報を外部の方に委託するという行為とその姿が外部講師であり、非常勤講師なのです。

そして、大学訪問は営業の飛び込み活動と一緒で、飛び込んだ時にどう話を展開していくかが重要になってくるので多少のスキルは必要です。是非あなたの会社も先生への訪問を始めてみてください。

関連リンク

中小企業の自立した採用を支援する。
ネクストリクルーティング・システム(NRS)

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
-新卒採用メディア運営-
おかげさまで祝10周年!九州での新卒採用のお役に立てます!
就職エージェント九州株式会社
TEL.092-283-5541
web http://kyushu.s-agent.jp
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。