内定は出した。 しかし、 承諾は未だもらえず。

こんにちは! 新卒採用メディア編集長の生田です。本日の記事は日々企業さんを訪問して多くの企業の採用担当者を悩ませている事をシェアしたいと思います。

テーマは「内定は出した。 しかし、 承諾は未だもらえず。」です。今年度の採用活動は売手市場も加速し、多くの企業の方が「母集団が集まらない」をいう悩みを抱えています。

内定は出すだけではダメだ

現在は採用広報期間(3月〜)も終了し、採用選考期間(6月)へと突入しました。私は企業さんを訪問し、「現在の採用状況や活動はいかがですか?」と尋ねると、「今年は2名に内定出しが出来た」とお答え頂きました。

内定承諾

しかし、内定を出すという行為は未だ一方通行の状態であって、学生から『内定承諾書』をもらって初めて入社が約束されるのです。今年の学生は昨年度の就活学生に比べて、多くの企業さんから内定通知書をもらっています。

多数内定者の続出!?

それもまだまだ採用広報期間であったり、早い企業さんであれば、3月より以前に発行しているのです。私も学内で就活セミナーや模擬面接を実施していると「現在は3社の内定をもらっている」「内定はもらったけど、まだ就活は続けている」という学生が多い様に感じています!

企業の採用担当者はこの「内定出し」の行為に達成感を感じてしまって安心している方が少し多いと感じています内定承諾書を受理して初めて入社見込みとなるので、本当はまだまだ気が抜けません。

新しいアプローチ

そして、もう採用活動も終盤です。大手就活ナビを利用する学生はドンドン少なくなってくるので、接触出来るポイントも限られてきます。

就活ナビの落とし穴

就活ナビに掲載を行い、採用が出来たのであればとりあえず年度目標としては良い結果を迎えたと結論づける事が出来ます。(本当はそうは思っていませんが、本日の記事では割愛します。)

しかし、この時期に来ても入社見込み者(内定承諾を受理)を獲得出来ていない企業の方は焦りが出てきたのではないでしょうか?

それは「打つ手が無い」からなのです。これが就活ナビの落とし穴なのです。「せめて学生に会う事が出来たら」そう思っている企業の採用担当者さんは多くいらっしゃると思います。

依存した結果

就活ナビに依存している企業は毎年この「もう学生がいない」という状況を迎えるのです。就活ナビを使う事しか方法を知らないのですから。

毎年リセットの断片的な活動

就活ナビを利用して母集団形成を行うという事は「断片的な母集団形成活動」を行っていると言えます。採用や就職活動というのは「人と人との繋がり」なのですから「出会い」に関して継続されていくものがあっても良い訳なのです。

しかし、ほとんどの企業はそれに気づかず、当たり前の様に毎年母集団形成を行っています。毎年「今年は集まるか」という不安要素を抱えたままなのです。

先ほど述べましたが、一見成功に見えてもそう見えるだけであって、本当の成功とは私は思っていないのです。

毎年毎年新規で母集団を形成する事ほど、採用ノウハウが蓄積されない事はありません。母集団に対し不安が解消されることはないのです。

・内定は出しても入社見込み者を獲得出来たわけではない。

・毎年の母集団形成の不安を無くすためには、新しいアプローチが必要である。

という事です。断片的な採用活動を「蓄積型」の採用活動に変える手段があるのです。今後の売手市場でも採用活動を成功させるためには、この蓄積型の採用活動を意識する必要があります。

以上、本日はここまでで、次回にまた詳しく記事を書かせて頂きます。本日もご一読いただき有難う御座いました。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
-新卒採用メディア運営-
おかげさまで祝10周年!九州での新卒採用のお役に立てます!
就職エージェント九州株式会社
TEL.092-283-5541
web http://kyushu.s-agent.jp
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。