逆転した新卒採用市場。 企業分析が必要。

こんにちは! 新卒採用メディア編集長の生田です。今日は上記のテーマで記事を作成したいと思います。企業の採用担当者、代表の方に読んで頂きたい記事となっています。

さて、2018年度新卒採用活動も6月を前にして、就職活動を終了する学生がちらほら見えてくる様になりました。(経団連の定めによれば、6月から選考スタート)

私は大学内で模擬面接の担当を仰せつかっているのですが、参加者の数が昨年に比べて少ない様に感じています。また、就職活動は継続しているが、内定を獲得している学生も多く見受けられます。

相変わらず採用活動の前倒しが目立つ採用年度です。先日フェイスブックで、ある居酒屋さんが人手不足の為休業という張り紙をしている写真を拝見しました。

どこの業界も人手不足による痛手が感じられます。

就活生が居ない

就活生が集まらない

合同説明会で自社のブースに学生が来ない。個別会社説明会を企画しても学生が集まらない。その様な悩みを抱える企業の採用担当者さんは多いかと思います。

採用活動のスタートを上手くきる事が出来た企業は、既に内定出しをしているのです。「どうして自社には人が集まらないのか」「他の会社に比べて魅力が無いから」というわけでは決してありません。

企業は全てにおいて、お客様の為になり、その対価として費用を頂き存続しているのですから全ての企業がすばらしいのです。

集まらない理由

買手市場(就職氷河期)の就活生

それは、企業分析にあるかもしれません。例えば就職氷河期と言われた時代、就活生は内定を勝ち取る為に必死でした。勿論内定先を獲得出来ないまま卒業したり、その為に留年したりする学生も多かったのです。

学生はより自分の魅力を企業に発信する為に"自己分析"を欠かしませんでした。「自分にはどんな能力があり、その能力はどの様な場面で活用する事で、企業に貢献出来るのか」

どんなに自己分析を重ねても、面接においては「具体的に教えてくれ」など、パワーバランスでは企業は上の状態で圧迫に近い選考会となるのです。

売手市場の就活生

では、形成が逆転した現在ではどうでしょう?学生は自己分析を怠っているわけでもなく、具体的な表現が行える様に自己分析を欠かしません。

先ほども述べた「自分にはどんな能力があり、その能力はどの様な場面で活用する事で、企業に貢献出来るのか」解りやすく説明をしてくれるのです。

一方企業はどうでしょう?

明らかに逆転の新卒採用市場で売手市場となった今、企業分析と言える様な活動をどれほど行っているでしょう?「自社はどの様な志を持っている学生にマッチングしていて、その根拠は何なのか。入社すればどの様な働きが出来、目標とする能力を身につける事が出来るのか」

それを採用人材要件定義と呼んでいます。

採用人材要件定義とは

概要

まずは"採用人材要件定義"とは何の事なのかお伝え致します。採用人材要件定義とは、採用したい人物像(採用ターゲット)を明確にする事です。

しかし、それは単に「素直で明るくてガッツがあって先輩から可愛がられそうな人」という訳ではありません。もっと明確に具体的に表現しなければいけません。

呼べば振り返る様なイメージ

例えば、就活生が多くいる合同企業説明会の会場や大学で「○○○○の人」と呼んだ時に『自分の事かな?』と感じて振り返ってもらえる様なイメージです。

 

企業分析はまだまだ終わりません。採用人材要件定義を定めたら、説明会の椅子に座った学生にその根拠を伝えなくてはいけません。

それは例えばベンチャー企業が『将来経営者になりたいけど、何をしたら良いか分からない人』だとした時に、「この会社に入れば何をしたら良いか見つかるよ。その理由は○○○○な事をする仕事内容だから、○○○○が理解出来て且つ○○○○な能力や知識が身につくよ。」

だから『将来経営者になりたいけど、何をしたら良いか分からない人』だったらウチの会社が合うよ! という事です。

買手市場でも売手市場でも自己分析を欠かさない就活生に対し、企業も自社の魅力の分析を徹底的に行う必要があるのです。

逆転の新卒採用

就活生が居ない。内定者だらけと感じても、働いた事がない学生は「本当にこの会社で良かったのか」「もっと自分に合った会社はないのか」と就活を継続する学生も多いのです。

しかし、合同説明会には参加しない学生も多く存在します。学生が集まらないのであれば、学生が集まっている場所に企業は足を運ばなくてはいけません。

その場所については、過去の記事で何度も述べておりますので、ご覧下さい。

以上、本日もご一読頂き有難う御座いました。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
-新卒採用メディア運営-
おかげさまで祝10周年!九州での新卒採用のお役に立てます!
就職エージェント九州株式会社
TEL.092-283-5541
web http://kyushu.s-agent.jp
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。