2018年卒、新卒母集団形成について

こんにちは!新卒採用メディア編集長の生田です。本日は企業の採用担当者に向けて記事を作成しました。

3月からの就職活動スタートに伴い、各大学さんで就活セミナーを行っております。昨日は北九州市立大学 経済学部さんで"個別模擬面接"を実施しました!

その面接の中で、学生さんの就活の現状についてお話しを聞いているのですが、私は「早い」という印象を持っています。

企業の前倒しの採用活動に沿って学生も早めの活動を行い、既に内定を獲得している学生が多く存在しています。そして、2018年卒学生の能力が高い。という事も影響していると感じています。

母集団形成

母集団とは

企業が新卒採用を成功させる為には"母集団形成"の仕組みを保持しておく事が重要な要因となっています。どれだけの学生数に自社の説明が出来るか。という事です。

集まらない会社説明会

会社説明会を企画しても、集まらないのが当たりまえです。大手就活ナビに掲載している企業でさえもエントリー数は増えても説明会の当日には人が来ないのですからどうしようもないのです。

一見、"エントリー"が行われているのであれば学生は集まるのでは?と思いがちですが、現在の就活ナビ上での"エントリー"という言葉は"ウォッチリスト"に近いのです。

要するに興味レベルでボタンを押しているだけにすぎないのです。

受け身から攻めへ

若手人口の減少に伴い、学生を待っているだけでは母集団は形成出来ません。攻めの姿勢へと変える必要があります。研究室と企業のパイプを創るのです。その鍵は"大学訪問"にあります。

採用活動は飛び込み営業!?

企業は大学訪問を通して、母集団を形成する必要があるのです。以前私が書いた記事では大学訪問のノウハウを共有しています。是非ご覧下さい。

在るべき母集団形成

断続的な母集団形成

私はこの断続的な母集団形成を嫌っています。企業の採用担当者はそれに踊らされていると感じています。「◯◯ナビ2018」がその分かりやすい例です。

2018と書かれているという事は2019も有り、2020もあるのですから、毎年新規の学生を追わなければいけません。このナビでの活動は単年に過ぎないのです。

翌年も翌々年も就活ナビを利用しないと母集団は集まらないのです。

蓄積型の母集団形成に変える

一方私がオススメしている大学訪問であればどうでしょう?研究室と企業の関係性を構築する。すなわち先生と企業の関係性構築を行うという事です。その教授は長年に渡って学生に教鞭を執っているので毎年その先生のゼミに学生が配属されるのです。

例えば、15名のゼミ生がいる先生1人との関係性が出来ていれば、ゼミの時間内でのアピール時間を作ってくれる事があります。

その様な先生が10名いれば、企業としても毎年150名の母集団を蓄積出来ている事になるので、安定して就活生に自社をPR出来るのです。

今後継続して新卒採用を行う方針がある企業であれば、この大学訪問を行うべきです。人脈や関係性は新卒採用を成功させる上での資産となります。

以上、本日は母集団形成について記事を書かせて頂きました。次回も是非ご覧下さい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
-新卒採用メディア運営-
おかげさまで祝10周年!九州での新卒採用のお役に立てます!
就職エージェント九州株式会社
TEL.092-283-5541
web http://kyushu.s-agent.jp
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。