新卒採用を始める採用担当者に向けて

新卒採用を始める採用担当者に向けて

こんにちは!新卒採用メディア編集長の澤田です。すっかりご無沙汰しておりました。過去の記事更新頻度に比べると、現在の数の少なさには反省です。(笑)

ちなみにこの写真は先日、福岡市早良区の原中学校にて授業の一コマを頂いてお話しさせて頂いた時の写真です。中学校1年生の皆さんにお話しさせて頂いたのですが、彼らの真っ直ぐな瞳と純粋な心に感動しました。いつまでも素直でありたいものです。

では、本題にいきます。

採用人材要件定義

さて、今日からまた気を引き締めて書いていきたいと思います。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。先日の記事ですが、新卒採用を成功させる為には『採用人材要件定義』が必要という記事を書かせて頂きました。

どうしてあなたの会社に入りたくなるのか

絞り込むメリット

企業は採用したい人物像を明確にして、その人物像に響くであろうキャッチコピーや広報活動を行う必要があるという事です。この絞り込んだ採用活動というのは『ターゲットを絞ってしまっては多くの学生に響かないのでは?』という不安を抱える企業の方も少なくないと思います。

しかしながら、この絞り込む採用活動がもたらすメリットは、ターゲットにとってより強固な"惹き付け"を行えるだけでなく、入社後の離職率にも響いてくるのです。

現在大卒者の入社後の離職率は30%と、まぁまぁ高い数字が出ております。そのほとんどが採用活動における"ミスマッチ"が原因なのではないか。と私は考えております。

折角、この売手市場の中、内定者を獲得したにも関わらず3年後に退職されては堪りません。入社すれば出来るだけ自社に勤めて頂いて、後輩の育成や企業の発展に貢献して頂きたいものなのです。

絞り込まないメリット

採用したい人物像は絞り込んでも、学部学科は絞り込まない方が良いのです。私の過去の大学さんとの情報交換の結果によると、理系学生でも営業職への就職を希望する人材は多くいるという事です。

隠れたターゲット

例えば偏差値の高い(中域を含む)大学の理系学生は、皆さんのイメージの通り『技術職』へと就職する学生がほとんどですが、そうでもない学生は営業職への就職を行う学生も多いのです。

しかしながら、その事実を知らない営業職を採用したい中小企業の採用担当者は『生命環境科学科』や『情報工学科』と聞けば"ターゲット外"と判断してしまうのですから勿体ないのです。逆も然りです。

経済学部『経営情報学科』や文学部『情報社会学科』の学生さんは『技術職(SE)』に就職を希望している方も存在しているのです。その学科の殆どが営業職希望であったとしても、中には存在するのです。

その事実を知らない企業の採用担当者が多すぎるのです。では、その学科のどの学生がイメージとは違う職種への就職を希望する傾向にあるのか?それは"その大学の教授の研究内容"を見れば分かります。

この情報は大学のホームページに掲載されているのです。それを見て大学営業を行うとより良い採用活動が出来るのは間違いありません。殆どの企業が求人を公開しないのですから大学としては有難い情報なのです。

最後に

企業の採用担当者は幅広い大学に採用営業活動を行う必要がるという事です。幅広い大学の幅広い学科という意味です。しかしながら広報活動では、ターゲットを絞り込んだPRを行う必要があると言う事です。

3月から採用活動のスタートを控えた企業にとって、まず大切なのは、採用人材要件定義と広報活動戦略の選定なのです。「企業はどの様な人材を理想とし、その人材はどの様な言葉に惹き付けられるのか」「その人材は学科のイメージに限られず存在している」という事です。

2018年卒の採用活動は2017年卒に比べても激戦となります。新卒採用活動の手法を早く理解し、早く行動した企業が内定者を獲得する事が出来ます。

会社の規模や歴史は関係ないのです。正しい採用活動を行えば、どの企業でも新卒採用を行う事が出来るのです。その証拠に弊社は3年目の零細企業ですが、新卒採用を成功させました。

どの会社も必ず採用を成功させる事が出来る。そう断言します。

以上、本日もご一読頂き有難う御座いました。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

-新卒採用メディア運営-
福岡の新卒採用ブランディング会社
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403
web http://clickent.co.jp

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。