これから採用力を身につける必要がある。

これから採用力を身につける必要がある。

こんにちは!新卒採用メディア編集長の澤田です。本日は新卒採用のスタートを控えた企業の採用担当者様へ向けて記事を作成しました。

就職活動解禁日

内定承諾

新卒採用のスタートまで一ヶ月を切りました。新卒採用は3月1日からスタートですが、2017年卒の学生が就活解禁日(2016年3月1日)より以前に接触した企業への内定承諾を行った事が一説として話題になっております。

売手市場

そんな売手市場の中、新卒採用を成功させるには"活動量"と"採用力"が必要になります。それがまだ自社だけで構築するのが困難な企業が泣く泣く外部サービスを利用することをやむを得ない状況となっています。

新卒採用の考え方

ミスマッチの背景

大卒の新卒者が入社後3年以内に30%が退職してしまうとされている一つの背景として、私は外部企業の影響であると感じています。(勿論様々な理由が存在する。という事は大前提です。一説として聞いて下さい。)

企業と学生の間に組織が立つ事で、その企業の魅力や本来伝えるべき事が伝わっていなかったり、誤った伝わり方をしてしまっていたりしていると感じています。

機会損失

また、"機会の損失"も考えられます。新卒採用の手法として、"理念採用"という言葉が有る様に会社の目標に惹かれて入社意欲を高める学生も存在するのです。

その理念を間に入った組織が当企業の採用担当者(経営者)以上に伝える事など出来ないのです。その為、自社でファーストコンタクトを取れていれば惹きつける事の出来る人材もいるのです。("たられば"の話ですが。)

母集団形成

中小企業の採用は母集団形成力が薄い為、一人一人との出会いが大切になるはずなのです。私は大企業には大企業の良さがあり、中小企業には中小企業の良さがあり、ベンチャー企業にはベンチャー企業の良さがあると思います。

しかしながら、中小企業・ベンチャー企業が大企業に比べて会社名のブランド力が低い為、母集団形成力が薄いのは仕方のない事です。

だからこそ、先ほども述べた様に一人一人との出会いが大切になってくると感じているのです。営業は企業利益に直結するのでそこに投資を行いますが、今後の若手労働者人口の減少により企業の体力ともなりうる若手人材の採用は難しくなる事が明らかです。

人財=利益

そして、優秀な人財を採用する事が出来れば、その人財が将来的に会社にもたらす利益は計り知れないだけでなく、その人材に魅力を感じた次の若手人財の採用にも貢献するのです。

もはや新卒採用は死活問題とも言えます。

採用力を構築する(採用ノウハウ)

採用力を構築するメリット

新卒採用力を自社に構築するという事は"採用のコスト"を下げる事だけではなく"確実な採用"を行う事も出来るわけです。これから2018年問題の影響で若手人材が減少すれば、今以上に"採用出来る企業"と"採用出来なかった企業"が存在する事になります。

外部のサービスは"確実に採用を成功させる"モノではないのです。採用広報の為の"広告"か、責任のない"紹介業"なのですから。どこにも採用出来る"保証"はないのです。

人材紹介サービスを利用している企業に伝えたいこと。

採用力と活動量

勿論自社で採用活動を行っても直ぐに結果が出るかは分かりませんし、上記でも述べた様に"活動量"と"採用力"が必要なので頑張らないと成功しません。

しかし、自社で採用活動を行う事に何のデメリットもないのです。「人件費が掛かる」「新卒採用の活動に手が回らない」など多くの悩みやハードルが存在するのも確かですが、大学との関係性を構築する事で"学内合同企業説明会"への出展や"教授からの紹介"が起こり、これからの採用活動に大きく影響してくるのですから。

自社採用を行う事で学内合同企業説明会の出展に至ったケースはコチラ

新卒採用のやり方。〜大学営業〜

私は外部サービスを「利用するな」と言っている訳ではないですし、外部サービスを必要としている企業も存在するのでなくてはならない存在だとも思っております。

自社採用

会社の規模によって"自社採用"の困難レベルが変わります。それでも私は「いつかは自社採用を行った方が良い」と感じています。

何度も言いますが、新卒採用を自社だけで完結させる為には"活動量"と"採用力"が必要です。それはどの企業でも身につける事が出来ます。

そして大学との関係性を企業自身で構築する必要があるのです。それは企業の財産となり価値となるのです。詳しくは以前書いた記事をご覧下さい。

こうすれば新卒採用は成功する

以上、本日は企業が採用力を身につける事が必要であるという事にフォーカスして記事を作成しました。ご一読頂き有難う御座いました。次回も是非、宜しくお願い致します。

シネマトグラファー
証デザイン(AkashiDesign)

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

-新卒採用メディア運営-
福岡の新卒採用ブランディング会社
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403
web http://clickent.co.jp

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。