新卒採用 ノウハウは身につけれる

こんにちは!新卒採用メディア編集長の澤田です。12月は学内セミナーラッシュで福岡、九州で就職活動のスタートを控えた学生さんに向けてセミナーを実施しておりました。

そして、テレビ出演のオファーも頂き、現代の新卒採用&就職活動について意見を述べさせて頂きました。

s__8167440

ガチンコ!ものまねジャッジメント

インターネット上でアーカイブをご確認頂けますので、興味のある方はご覧下さい。

企業の採用担当を務められておられる皆様におかれましては、2016年はどんな採用活動の年となりましたでしょうか?思うような成果を上げる事が出来なかった企業様も、見事目標を達成出来た企業様にも改めて読んで頂ければと思います。

学生との接触ポイント

機会

採用活動を行う上で最も重要とされるのが、学生との接触(機会)を行う事です。中小企業であれば単に"会社説明会"を開催したとしても、学生の方から勝手に集まってくれるなんて事はなかなか有り得ません。

就職活動解禁日より前に

就職活動が終了し、蓋を開けてみると内定承諾書を記入した学生の70%が就職活動解禁日(3月1日)以前に接触した企業であることがコアなアンケートにより結果として出ています。

上記の事から、中小企業はより早く学生と接触する事が求められています。それはもはや就職活動のスタートを控えた3年生だけに留まらず、2年生、1年生に向けても接触を早めるべきなのかもしれません。

今さら聞けない!企業の採用活動はいつ始めれば良い?

上記は、以前私がこの新卒採用メディア内で書いた記事ですので、是非ご覧下さい。

採用人材要件定義

的を絞る

採用人材要件定義とは、採用したい人物像をより明確にしていく事です。例えば、「素直で明るくて向上心があって皆んなから好かれる人」という抽象的な言葉ではいけません。

「学生時代にはサークル(部活)では体育会系に所属しており、且つ部長や副部長(要するに幹事)を務めた経験があり、アルバイトでは接客業を行っており人と話す事が好きな人」この様により具体的に表していくのです。

的を得ないPR

どうして具体的な要件定義が必要なのかというと、企業の採用活動の1つとして行われる"会社説明会"において、「多くの学生に興味と持ってもらいたい」という思いから幅の広い会社説明会を行い、結局どの学生にも響かない。そんな会社説明会を行っている企業が多く存在しているのです。

合う人、合わない人

企業にも学生にも色(個性)が存在するので、企業に取って合う学生と合わない学生が存在する事は当然なのです。そして、中小企業は大企業に比べて体力が無い事が多いので、採用人数も少なく、社員1人のウエイトも大きいのです。

出来るだけ即戦力として活躍してくれるであろう、"早期戦力"となりうる人材でないと採用には至らない筈です。少し極端ではありますが、ベンチャー企業ではあれば「将来独立したい学生だけ集まれ」などと的を絞って広報やそんな人材の心に響く説明会を行った方が良いのです。

採用活動の振り返り

1度採用活動の振り返りを行って頂きたい。大手就活ナビサイトに頼らずとも、人材紹介の会社を利用せずとも、自社でしっかりと新卒採用を成功させる事は出来るのです。

採用ノウハウを身につける

決して大手就活ナビサイトや人材紹介企業(エージェント会社)を否定しているわけではないのですが、新卒採用のノウハウが自社に構築されず、いつまでたっても他力に頼る事になってしまうのです。

いつまで経っても大学との関係性も構築出来ず、就活ナビや紹介会社に頼りっぱなしというのはいかがでしょうか?今後益々難しくなる"新卒採用"に向けて採用ノウハウを身につける活動を行って頂きたいです。

私は新卒採用のブランディングを行っております。希望であればコンサルティングを行う事も可能で御座います。相談など御座いましたらお気軽にご連絡下さい。

以上、本日もご一読頂き有難う御座いました。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

-新卒採用メディア運営-
福岡の新卒採用ブランディング会社
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403
web http://clickent.co.jp

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。