私が思う学生のダサい所

私が思う学生のダサい所

こんにちは!新卒採用メディア編集長の澤田です。本日は私が学生の就職支援活動として大学内でセミナーを開催させて頂いた時の経験から記事を作成させて頂きました。

少々トゲのある表現でありますし、自分自身が若いころも決して出来ていなかった事ですが、言っておいた方が良いと判断した為、自分を棚にあげて述べさせて頂きます。(笑)

就職活動を行っている学生だけではなく、1年生にも読んで頂きたい記事です。

就活セミナーに参加する学生

前の席だけポカンと空いている

私が学内で就活セミナーを実施させて頂いた際に、参加必須型のモノと希望者のみ参加型のモノ2種類のカタチでセミナーを実施させて頂いておりますが希望者のみ参加型でよく見られる光景です。

それは、どうして後ろの席に座るのか。という事です。セミナーが始まる前に開場と同時に学生が入ってきて後ろからドンドン座っていく。前の席がポカンと開いた状態とをよく目にします。

先生が「前の席から詰めて座って」とわざわざ言っているにも関わらず、後ろの席から動こうとしない学生が多いのです。ましては社会に出る為の就職活動をこれから始めるという状況なのにです。

社会人としての評価

社会人になれば会社の研修や外部の研修&勉強会などに参加する場面は多くあります。そんな時に前の方が空いているにも関わらず後ろの席に座られたら「積極性が無い」と評価されるだけです。

しかし、新入社員研修など入社間もない時点では積極性をアピールしたいのか前から座るようになります。どうしてそれを20歳にもなる大学生の時からできないのかと残念に思います。

参加する理由

私は後ろの席に座るくらいなら参加しなければ良いと思います。強制参加ではないはずなのにわざわざ来て後ろに座る。そして先生から指摘されても動かない。

この背景を考えた時に、前に座る事で積極的に見られるのがダサいと思っているのか。(いわば中学生のカッコつけのようなモノ)しかし聞いておいた方が良いかも。という気持ちもあり後ろの席に座り怠そうに眺める。正直逆にダサいのです。

話し手はどう思うか

先日とある会社の人事の方をお呼びして御講演頂いた際に、70名程参加者がいるのに前に座った学生は2名でした。その方がセミナーの最後に残念そうに仰られた言葉があります。

2人しか前に座らない大学というイメージが付いた」そう仰られていました。その方は会社に戻りどの様に報告するでしょう?「あの大学からは採用しない方が良い」そう言うかもしれません。

社会人意識

人の話の聞き方

こんな事まで先生や外部の人が教えないといけないのでしょうか?きっとそんな事はなくて学生自身分かっているはずなのです。真剣にメモを取りながら聞いた方が一見評価は高いという事を。

しかし、それを実践しないのは社会人意識が低いという事です。そんな自分がどう評価され、話し手はどんな気持ちになるかという事に目を向けれていないのです。

行かない事を選ぶ

聞きたくなければセミナーに参加しなければ良いし、大学に行きたくなければ辞めた方が良いと思います。やりたい事が他にあるのであればその為に時間を使った方が、自分の人生にとってきっと良い筈なのです。

どれだけ早く大切な事に気づくか

賢者は歴史で学び、愚者は経験で学ぶ

私はある大学の教授と常々話をしている事が、「どれだけ早く大切な事に気づくか」という事です。出来るだけ早く立派な日本人になろう。という事です。

人の気持ちを考え、自分の成長に貪欲で、人の為に働く。シンプルに言うとこれだけではないでしょうか?そして出来る限り色々な方の話は真剣に聞いて自分の将来の為に学んだ方が良いのです。

 

以上、淡々と思いを偉そうに述べさせて頂きましたが私もまだまだ未熟なので成長していきたいと思います。ご一読頂き有難う御座いました。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

新卒採用でのお困りごとは下記までお問い合わせ下さい。
福岡の新卒採用コンサルティング会社(代行会社)
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403
web http://clickent.co.jp

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。