何よりもまずは1人の採用実績

何よりもまずは1人の採用実績

 

こんにちは!新卒採用メディア編集長の澤田です!最近はバタバタしており更新が遅くなっております。

時間の使い方がまだまだ下手だなー。。。。と日々感じております。

もうすぐ公開から50記事を迎えます。新卒採用&就職活動に特化した内容で記事を作成しています。

毎日「今日は何について書こうか」とワクワクしながら書いているのですが、テーマが決まるまでに時間がかかります。テーマさえ決まれば記事を書き上げるまでは早いのですが。。。。。

またまた余談が長くなりそうなので、本題に移ります。(笑)

 

学内合同企業説明会への出展

 

全ての大学で就職活動解禁日に合わせて"学内合同企業説明会"が開催されます。

ほとんどの企業はこの合同企業説明会に出展したいのです。しかし、この学内合同企業説明会へ出展出来る企業数は限られています。先着順でもなければ、お願いして出展出来る訳でもないのです。

そして、中には民間企業に運営を任せている大学もあり、出展するのに出展料が必要となる大学も存在あします。

では、一体どんな企業が出展出来るのか解説していきたいと思います。

 

当該大学から採用実績があるか

 

まず一つ目は近年で当該大学からの採用実績が有るか否かです。要するにOBOGが居る企業が優遇されます。やはり、就活生にとっても先輩学生が働いている企業の方が安心するのです。

そして、このOBOGが在籍している企業は合同企業説明会だけではなく、大学訪問の担当にする事で就職課(キャリアセンター)や出身ゼミの教授から直接就職活動学生を紹介してもらえる可能性も高くなる事があります。

 

安心して学生が入社出来る企業であるか

 

大学は全てにおいてオフィシャルなのです。就職課が学生に紹介した企業で問題があれば色々と責任が降りかかってくるので、企業選びは慎重です。なのでOBOGが働いている企業であれば話が早いのです。そのOBOGがイキイキと働いていれば大学も安心します。(もちろん就活生もです)

学内合同企業説明会に出展していた企業=大学が推奨した企業になると考えれば、企業選びが慎重になるのは頷けます。まだ採用実績が無い企業であれば、とにもかくにも1名の採用を達成するか、しっかりと信頼して頂ける関係性を築くかの2択です。

*昨日の記事も参考にご覧ください。

新卒採用のメリットデメリット

http://recruit-ent.biz/2016/09/30/新卒採用のメリット&デメリット/

 

楽をして採用しようと思っている企業が多い

 

実は就活ナビに掲載をするのも良いですが、かなりの費用が掛かる上に、母集団形成のノウハウは自社には溜まりません。つまり今年も来年も再来年も就活ナビに掲載出来れば良いのですが、これから売手市場は加速していきます。やはり自社に母集団形成力を蓄積する事が必要なのです。

それは就職課や教授との関係性の深さです。一朝一夕では築けない関係性を長い年月を掛けて構築するのです。人と人との繋がりに勝てるモノはないのです。

ノウハウ(何をやればいいか知っている)からノウフウ(誰と繋がっているか。誰から信頼されているか)へと変わってくるのです。勿論、採用コンサル業も同様です。人が大切なのです。

 

0から1を創るのが難しい。

 

上記で述べた様に採用実績があると有利に転じる新卒採用ですが、この実績を創るのが何よりも困難なのです。学内で行われる会社説明会へ出展出来るのも、ほとんどの企業がその大学からの採用実績を持っているのです。"採用した事がない"のと"1名採用した事がある"のでは大違いなのです。

この新卒採用メディアでは、中小企業が大手就活ナビサイトに掲載せずに採用を達成出来る事を支援しています。まずは大学訪問から始めてみましょう。

大学訪問や営業方法については過去の記事をご覧ください!

人事担当者が大学営業をはじめてみる

http://recruit-ent.biz/2016/08/16/費用を掛けずに採用を行う%E3%80%82〜人事担当者が大学/

 

以上です。ご一読有難う御座いました。

 

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

新卒採用でのお困りごとは下記までお問い合わせ下さい。

福岡の新卒採用コンサルティング会社
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆


The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。