福岡の学生と東京の学生の違い

福岡の学生と東京の学生の違い

 

こんにちは!クリックエンターテイメントの澤田です!昨日は東京出張に行って参りました。

本当は1泊くらいしたかったのですが、、、、

東京で飲みたかったのですが、、、、、

止む無し!

という事で今日も元気に頑張ります!今日のテーマは"福岡(九州)の学生と東京(関東)の学生の違い"です。

このテーマで昨日の記事を書こうとも思いましたがイヤらしくなりそうだったので辞めました。(笑)

 

社会人との交流頻度

 

以前、とある人事の方がお話しされていたのですが、福岡の学生は関東の学生に比べて社会人との交流回数が圧倒的に少ない。

というのを聞いた事があります。やはり、東京は福岡に比べて機会も多く少し検索すれば毎日でもそういった

社会人と学生の交流会が様々な場所で行われているのだと思います。それにより"いわゆるコミュニケーション能力"の低下が

存在しているのだと私は思います。

 

福岡学生が好評

 

九州は人が温かいというのを良く聞きます。同じ様な評価を受けているところでいえば北海道でしょうか?

一次産業で発展した地域という名残もさる事ながら、確かに素直な学生、純粋な学生は多い様に感じます。

素直過ぎて、純粋過ぎると言われる事もありますが、それはまた別の話です。

確かに5個も年齢が離れれば、就活支援等で接しててかわいいと感じる事も度々です。

 

ヒットする学生起業家も多い気がする。

 

成功する学生起業家が多いのも確かに東京です。(別に学生起業家を推奨している訳ではない)

市場の多さや、上記で記載した様に社会人との交流の多さから、ビジネスに触れる機会も多いので

それが感性として、アイデアとして、意識として違ってきているのでしょうか?

 

東京に行って就活を行うも良い。

 

福岡の学生が就職活動を行う際は企業がわざわざ学内に足を運んでくれて、会社説明会を行ってくれる。

大企業も中小企業も同様です。これは売手市場の影響もあり、学内に足を運ばないと採用になかなか繋がらないという現実もあります。

これは私の知り合いで大手電機メーカーの採用担当を行っている方が言っていた言葉なのですが、(その方自身は就職氷河期時代に好成績を叩き出した人です。)

大手企業の会社説明会は福岡の大学の学内にまで説明を開催しに足を運んでくれるが、そんな中、自分自身が本社所在地で行っている会社説明会に参加したらどうだろうか?

という事です。

ポカーンとする方もいらっしゃると思いますが、この売手市場にも関わらず、福岡の学生が"福岡でも開催されているのに"東京(関東)大阪(関西)で行われている会社説明会に参加する事で志望意欲をアピール出来る。と仰られていました。

そして、質疑応答の時間では「福岡の○○大学から来ました、○○と申します。」と言って質問を始めれば人事は驚きで必ず印象に残るとの事です。

確かに、その通りだと私も感じました。

 

東京(関東)の学生は1年生の頃から就職の事を不安視している。

 

昨日の東京出張でアポイントを頂いた企業の人事の方にお聞きした言葉で印象に残っている言葉です。

「1年生から意識するなんて早すぎる」と仰る方もいるかもしれませんが、私は早いに越した事は無いと思っています。

そもそも就職を意識し始めるのは3年生からで十分!と思っていればそれは間違っていると思います。

社会に出ても、学生のうちでも、人が成長するのは"意識"が重要なのです。

同じ事を経験しても意識が低ければ、その経験から学びは得られないのです。

同じ事を経験しても意識が高ければ、その経験から深い学びが得られるのです。

早く大人になってもらいたいし、早く社会人を意識して頂きたいと福岡(九州)の学生には親心もあるのか、強く思います。

とは言いつつ自分はどうだったのかと言われると・・・・・・(笑)しかし、それでも早い方が必ず良いのです。

 

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ

 

これまで自分より生きてきた諸先輩方の話をしっかり聞いた方が良いです。歴史とは自分が失敗しなくても人の失敗の歴史から学ぶ。

人の成功の歴史から成功を学ぶ。(これはビジネスモデルとかではないです。)

一方、経験は人が失敗するよと言っても、聞く耳を立てず同じ失敗をして、その経験から学ぶ。

どちらが良いか悪いか等は分かりませんが、昔の方が作った言葉がそれを意味しているのでしょう。

 

昔はコミュニケーション無しでは何も成立しなかった。

 

最後に話を反らしますが、親から買い物(お使い)を頼まれた経験はどなたでもあるでしょう。

昔は近所の八百屋に行って店員さんと話をしながら買い物を行ったはずです。

しかし、現在では便利な世の中になってコンビニ等では一言も話さずにモノが変えてしまう様になりました。

自分の思いや感情を表に出す事が少なくなってしまってもいます。

そして、SNSの普及で言いたい事は誰でも全世界に向けて発信出来る様になりました。

別に悪い事ではないのですが、なんとなく寂しい気もします。

対話のコミュニケーションはいつの時代でも、最も重要な事なのかもしれません。

 

 

 

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

新卒採用でのお困りごとは下記までお問い合わせ下さい。

福岡の新卒採用コンサルティング会社
クリックエンターテイメント株式会社
TEL.092-292-7403
web http://clickent.co.jp
□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆

The following two tabs change content below.
生田 光美
国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。
生田 光美

最新記事 by 生田 光美 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

生田 光美

国家資格キャリアコンサルタント厚生労働省認定CDA。旅行業界に入社後、半年でトップセールスを獲得。3年連続MVPを獲得後、人材業界へ転身。 九州での経験に加え、東京での数年間のカウンセリングを経て、現在は就職エージェント九州で、カウンセリング責任者を務める。 年間500名以上のカウンセリングを行い、専門学校での非常勤講師も経験。その適切なフィードバックは多くの就職活動生の内定獲得につながっている。